shotskis-club.com

らくだ い 魔女 小説 チトフウ モテモテ

Дата на публикация: 19.09.2020

自分の格好見下ろしてみなよ。 すんごく面白いよ。おいらってば最高についてるかも。」 カイの言う通りに自分の姿を見下ろしてみる。 今日着ていた服と全く同じだ。 でも、何だかいつもより地面が近い気がする。 それに、腕や足も細くなっていて何だか白い。 何だか、全身が何時もより重い気もする。 「ちーくん、鏡いる? 開けた扉から差し込む月光に背を向け、大柄な無精髭の男が床を軋ませ目の前の椅子に腰掛ける。 「しかしこの部屋は相も変わらずほこり臭いな」 伸び放題の髭から垣間見える鼻を啜って男は前傾姿勢を取る。 「掃除は苦手中の苦手でね」 「なんだ、客にいらっしゃいもねーのか」 「欲しいなら頼みなってね」 「ほぉ 相談ていうか……話したい事があるんだ。 あの、さ。私の小説てさ、評価ちゃんにとって、どれくらいのレベルかな?

らぁらさん、友達 友希 になってくれませんか? 小説も書いていこうと思います。 短編なものにしようと思っています。 気軽に話しかけてくれると嬉しいです! と、新トピおめでとうございます。 歴史あるトピなんですね、此方は。.. なかなかこれなくておそくなっちゃった、受験勉強に追われてます笑 ちょうちょか~! 笑笑 女子は怖いね~でもたのしい笑 性格が悪くなっちゃうから程々にしないとだけどね! はーい。約束通り、小説かくねー。 オリジナル でわ。スタート。 【名探偵はまほう使い!? とちょっと笑うと、ベッドのすぐ近くの、小さな木の椅子に腰かけると、果物ナイフでリンゴの皮をむき始める。 その綺麗な横顔に、思わず見とれてしまう。 「お見舞い、遅くなってごめんねー。追試があってさぁ…」 ニコニコ笑って、ときどき皮だけじゃなく白い実のところまでむいてしまったりしながら、今日の出来事を話してくれた。 「へぇ…美少女転校生?

……………………………………………………………………………………… .

  • 評価ちゃん 前向きに考えないと、私が私じゃなくなる~!
  • すごい気持ち的にも不安定にさせたかもしれない。申し訳ないって気持ちでいっぱいです。いま、もっと一緒にここにいればよかったって後悔してます。 そして…7年間、本当にお疲れ様でした。 色んな人を迎えて送って、そして小説を熱心に評価してくれて、私の心の支えにもなってました。 賞をもらえた時とかは本当に嬉しかったなぁ。昔の小5の私じゃ他の皆さんに全然追いつかなかったからね…。ちょっとでも面白く書けるように、ってしょーちゃんの他の人へのアドバイスもメモ帳に書いてました笑 そしてそして。あなたをしょーちゃんって呼べてすごく良かったです。確か最初の友達、だっけ。そうだったよね。違ったらごめんね。友達になれて良かった。5年生の頃とか私クラスで浮いてたけど、ここに来ること、ここに来てしょーちゃんと話すことを考えると周りの目線とか態度が全然気にならなかった。中2のいま、クラスで明るく底抜けに笑えるのもあなたのおかげ。本当にありがとう。 しょーちゃんのことが大好き。ここにまた顔を出すことがあったら…その時はまた、私、みぃの小説を辛口で! っていうか、見て。」 差し出された鏡。 そこに写ったのは。 「…………誰だよ、これ。」 「ちーくんだよ。」 「はぁ?

この作品の前後に投稿された作品

なかなかここに来れる時間がなくて、だいぶ時間空いちゃったんだよね・・・戻ってくるとか言って、待たせちゃって本当にごめん。 昔はここに来たときも馬鹿みたいに騒いで、ほかの皆様に迷惑かけてしまったのですが、今はネットも使い慣れて礼儀正しくなりやしたっ! それとなんですが返事とかなるべく早く返したいのですが 卒業式が近づいていていそがしいかもなので・・・。 おくれたらごめんなさい!!

アオハ 久しぶりっ!! か。」 オレは荒い息づかいの中ゆっくりと起き上がる。 何度も何度も見る悪夢。フウカが魔界に連れ去られたあの日。 何度、夢であって欲しいと願ったか します。 皆さんなさっているようですし、した方がいいのかな?..

……. … … … ?

二次創作小説(紙ほか)

できる限りお答えします。 大分長くなってしまったので、小説は次回へ。 それでは、皆さんよろしくお願いします。 ねむたまとろろ. はいはーいっ。らぁらでーすっ。 小説書きに来たよー。今回はらくまじょでーす。 でわでわぁスタート。 【らくだいまじょと不思議な転校生】 なっ、なぁにぃぃぃ 「まっ、フウカがんばってね」 「えぇぇぇぇぇぇ。やだやだぁ」 「文句言わない」 「だっ、第一的にどーやって付いてくのー」 「は? 話はまだおわっちゃねーぞ」 生臭い息が鼻を覆う。 カップを机上に置き直すと男はその手を離し耳元で囁く。 「金だ、金。俺が求めるのはそれしかねぇ」 少々驚いた自分に向けられた勝利を確信する爛々とした目。 ケッケッケッ やり方を教えてください 新規スレッドまで分かってて E-Mail とURL、添付FILEがなんかわかんなくって・・・ 添付FILEとURLはだいじょうぶだったんだけど E-Mail がダメです。って出てくる。。。 どうすればいいのぉぉぉぉぉ 泣泣.

みんなのつぶやき作品

相川真冬様のお世話係の杏 あん と言います! 遠くの方で、ふうかちゃんの声が聞こえた気がした。 たくさんの謎の渦に吸い込まれていくように、私の意識は遠のいていった。 ~つづく. このまえの投稿のことです。 「で-す」や「まーす」などとふざけてしまいました。 これからはちゃんとします。 あと小説は次から書きたいと思います。 じゃあここらでインフィニティ!

  • 今、とんでもない言葉が彼の口から飛び出た気がする。 魔法の国?
  • ヒカルさん ありがとう…ございます! タメ口いい…ですか? 「らくだい魔女と人間界と魔法界の 狭間に住む王族達」 皆様、こんにちは。私はユラです。 今は、悪夢の国の王子、レンと、 記憶の国の姫、シオンと、 鏡の国の王子、ミラと遊んでいるのです。 ここは、夢の城。 貴方も、夢の国の夢の城で、 一緒にどうですか? さぁ、眠りに着いて、ここ、夢の国 に、おいでくださいませ。 そしたら、一緒にいろいろしましょうね? え?何故、眠りにつかなくちゃいけない 理由?ここは、人間界と魔法界の狭間に、 ある国。 だから、夢の中でしか、会えない。 なんか、悲しいでしょ? でも、私は、悲しくなんてない。 だって、3人の大好きな友達がいるから。 悲しくなんてないの。でも、たまには、 ここに来てね。喜んで招待します。.
  • えりって呼んでね 卒業式のことなら、気にしないで~ 在校生も体育館そうじとかで急がしいからさ 曲も聞いたよ~ すごく良かったよ!
  • エリカと申します。 えっと、まず、自己紹介をしたいと思います。 ニックネーム:エリカ 実名ではありません 年歳 5年生 好きなキャラ:サヤ様 好きな本:らくまじょ・トリシアシリーズ・スパイダーウィック家の 謎・獣の奏者・鹿の王 ちょっと最後、しぶかったかな まぁこんな感じでいいでしょうか。 では次に、私が書く、『落第魔女と火炎の竜』の登場人物紹介をしたいと思います。 オリジナルキャラのみ ユナ:人間界から来た女の子。真紅の髪と目を持ち、身寄りがないので 銀の城で暮らしている。火の魔法を得意とする。 マルド:魔界の支配者。しかし、魔界の王を復活させるため、フウカと ユナをさらう。 なんかありがちな名前でごめんなさい… ちなみにこのお話は、魔界に連れ去られたフウカとユナ 主にフウカ をチトセが助けに行くお話です。どうぞ、ヒマな時に読んでみてください。 友達募集中です!

…… !

夢小説こつこつ書きます。

やめてから1年くらい経っちゃうね、私・・・。 覚えてるかな? わぁぁ、どうしよう・・・」 「大丈夫。大丈夫だから、セシル」 頭を抱えるセシルに声をかける。 実際くらっと来たのも一瞬だったし、そう長々と続かなかった。 多分頭の痛みも吐き気もないから、立ちくらみだろう。 「ひ、姫様ぁ~・・・。ひやっとしました。今日は念のため学校休みますか? 以上…ですかね。 うわぁ、久しぶりにプロフィール書いたんで何書いたらいいか全然分かんないですね… 他に聞きたいこととがあれば、どしどし聞いてください!

…44 …… .

見出しの下にも:
    22.09.2020 03:47 Sakura:
    急に、ヘンな事聞いてごめんね。 でも、なんか知りたくなって……夜、眠れないくらいなの。 今まで、評価ちゃんが評価してきた小説のなかで、順位をつけるなら、何位くらい?

レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@shotskis-club.com